So-net無料ブログ作成
検索選択

さらば尿膜管 [へそ]

さてさて、
へそが大変なことになってから半年。
炎症が治まってから3か月経過し、年末の休みに合わせて切除手術をしました。
まだ退院前ですが、私もネット上の先人の情報が大変役に立ったので記録しておきます。

11/28 
手術前の諸検査。12/20に予定通り行うこと確定
本来入院前に麻酔科の問診を受けないといけないそうですが、
私の場合、はじめての手術だし、ほかに病気になったことがないので入院してからでもいいでしょう、ということになりました。

12/19
入院。午前に主治医兼今回の執刀医の先生に説明を受ける。
父親&かみさんに事細かく、とはいえ丁寧にというよりも、フランクに説明してくれて、
且つ、質問にはわかりやすく教えてくれて、すごく安心。
通常、腹腔鏡手術もできるけど、
腹膜をあけてしまうので、腸閉そくのリスクが高くなる、
でも、それはなるべく最小限に抑えるように表面をはがす方法をとるため、
へそ下7cmくらい切開するとの説明でした。
腹膜をあへると腸を滑らかに動かしている粘液みたいなものが乾燥してしまって、
腸の動きを妨げ、それが腸閉そくにつながるから、こうすれば盲腸よりもリスクは少ないと。
納得。さらに、
私「あの、へそはどうなりますか・・・?」
先生「残しましょうよ!大丈夫ですよ」
@w@b

午後に麻酔科のお話。
事前にもらった冊子には15000分の1の確率で麻酔起因のトラブルが発生するとのこと。
麻酔の先生「でもまあ、ほとんどないですよ。あるのはのどが痛いくらいかなー」
@w@ホッ
今回は背中から麻酔のチューブを入れ、それから全身麻酔。
あとは終わって目が覚める、という流れ。

この日の夕食後、21:00に下剤を二錠飲む。


12/20
隣のベットのヒトのいびきでほとんど寝れず;x;
5時以降は水分も取れないので、ついでに夜中に少し水分補給。
睡眠不足のせいか便がなかなか出ず10時ごろにようやく出る。

するとかわいらしい看護師さんが、
「はい、じゃあ浣腸しましょうね~^-^」
「!!!」
人生初浣腸。。。
「5分くらいがまんしてくださいね~^-^」
「ええええ、無理ですこれむりぃぃぃぃっ」
すぐにベットから起き、トイレに行くものの、遠いいいいhhhh
なんとかたどり着くまで我慢して残りのものを全部出しました^^;
これはつらかった・・・

で、
予定では13時からでしたが、前の手術が伸びていて10分くらいの遅れ。
12:30に手術着に着替え&T字のおむつに^^;

13:05
家族に見送られて手術室に。
普通に点滴片手に歩いていきました。
市立病院ということもあり、中には手術室が多くあり、
その中の一つに入る。ドラマで見るよりもちょっとベット小さくて狭いなーという印象。
ベットは暖かくて、寝不足の私には天国な感じ。

心電図やら血圧計が取り付けられ、すぐに麻酔に取り掛かる。
横向き&猫のように足を抱え、背中に局所麻酔。
さらに細いチューブを指される。
そののち、背中からおなかに向けて暖かいものがじわーーっと来てる感触。
で、
「はい、順調に麻酔効いてますよ~。
それでは今から全身麻酔しますね~。」
口に酸素マスクされ、やや息苦しくなる。
どこまで耐えられるか!とがんばろうと思ったら。

「はい、終わりましたよ~。見えますかー?」

@3@???

手術終わってましたwwwwwwwwwwww
全身麻酔すげーーー

意識はかなりすぐにはっきりし、主治医の先生がきて、
先生「無事終わりましたからね~」
の声掛けに、
私「あっという間でしたね@@」
先生「あっという間じゃないよwwww」
まあそうですよねw

お迎えのベットに移され、そのまま病室へ。

患部の痛みは全くなし、ただし・・・
おしっこの管が膀胱までいれられてて、それを動かすと痛い;;
早く抜いてくれーーー

一晩、動けず。
何回も看護士さんが点滴を取り換え、尿の量をチェックしてくれました。

酸素マスクは5時間はつけないといけないらしく、
10:00に取ってもらえました。その後隣の人のいびきと闘いながら少し就寝。


12/21
朝の尿管を抜かれる。ぐげげげげげげ。痛い。
「もう起き上がって、すこしづつ歩く練習していいよ」
とのことで、さっそく起き上がって、トイレへ。
むむむむ、やっぱり尿チューブが入ってたこともあり、やや痛みあり。
おへそをチェックすると、あまり腫れてなしい出血もほとんどなし。
噂通りホッチキスのようなもので傷口はとまってる。
防水シートっぽいので、背中の麻酔と点滴取れたらすぐにシャワー浴びれそう。
この日は一日水のみ。先生は、お茶もいいっていってました。
あまり無理せず、病棟をゆっくり歩いておしまい。

12/22
いつもの担当(執刀医)の先生が来て少し話。

「おへそね、
この際、グラビアアイドル並みにきれいにしてやろうと思ったんだけど、
そこまでは無理だったwwww」

だってwほんとこの先生いいです。
ネットではかなりの確率でへそがなくなっているというのに。
大学の教科書通りに全摘ではなく、炎症おさまったのちに切除し、
根元を別のところに固定という術式はネット上になかったこともあり感謝してもしきれません。
患者さんの気持ちをよくわかってるというのはこういう先生なのではないでしょうか。
残念ながら、この先生他の大学病院から派遣されてきていて、
1月から別の病院にうくということで、私の手術がこの病院で最後とのことでした。
ホント残念です。まあ、次の病院教えてもらったので、なにかあったら追っかけますけど!(笑)

朝は全粥。昼から常食。点滴は抗生剤とか止血剤とか。
さらに歩けるようになってきたので、コンビニいったり、ほかの病棟行ったり。

12/23
朝夕の点滴2本で、点滴は終了。@w@ハヤッ
次の日、痛み止めの点滴を抜くので、万一それで痛みが出るようなら、
点滴が一番いいので、腕のルートは残す。
食事もふつう。お腹ははってるけど、さっさと歩ける。

12/24
朝、ついに背中の痛み止め点滴を抜く 
シャワーの許可もでるので、夕方に予約@w@b
心配してた痛みは全くなし。そこで午後に点滴のルートを抜いてもらい
体についていたものは全部なしに。バンザーイ
シャワー、きもちよかったーーーーー
防水シート越しにじっくり見ようと思ったけど、
見にくくてよくわかんなかった。

で、今日

12/25
日に日に痛みも違和感も少なくなってきてます。
抜糸は明日か明後日。1日様子見て傷口が開かなければ退院です。

以上!!!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。