So-net無料ブログ作成
検索選択

自作PC編 ~G5編 ④ 電源スイッチ~ [趣味いろいろ]

MB固定した後、バックパネルをどう料理しようかと考えていたんですが、
ふと、

「MBのコネクタで使うやつって、限られてんじゃない?」

と思い、パネル加工を踏みとどまりました。

G5のパネルにはUSB、IEEE、SPD/IF、LANx2
レガシーポートなし

私はというと、プリンターはUSBだし、オーディオも6chも使ってない。

グラインダー等でけずってしまうことはできますが、
そうなると元の戻すことは出来ません。
できるだけG5のデザインを崩さないようにするためにも
今後、なんとかG5ポートで使えるように考えようと思います。
すくなくともUSBはMB上から引っ張れば、P5B-VMなら6個つかえるし、IEEEもフロントにはひける。
LANはワイヤレスでもいいわけだし。

オーディオとLANについてはコネクタ&配線を自作してなんとかいけないかな~
MBとバックパネルの間隔はそんなにないので、ホントにできるかどうかわかりませんけど ^^;

さて、というわけで、次の工程は電源スイッチになりました。

↓これ

よーーーーーーーーく 見ると
配線が半田付けしてある3つの端子の下に、(奥から)R、B、W と刻印があります。
またまたネットで調べると、

R:Powerスイッチの+
B:Powerスイッチの- & PowerLEDの-
W:PowerLEDの+

でいいようです。
さっそく、ジャンクリード線をG5のスイッチ基盤に半田付けし、
片端にメスピンコネクタをつけマザーボードに接続。

動作確認のために、もともとMicroATXマザーをいれてあったケースからATX電源を取り出して
G5のほうのマザーに接続。

で、スイッチON!!

↓OK!!!

これだけでは飽き足らず、
HDDにネジを2mmくらい浮かせてとりつけ、G5のHDDステーにセット。
これもサイズOK!!!
G5についていたHDDステーにちゃんとつきました ^-^b

さらにさらに、SATA配線&電源も接続し、
ワイヤレスLANカードもさし、
ボードからUSBを2本引き出して、KeyBoardとMouseを接続。

そして再度スイッチON!


Windows起動した~~~~!

感無量 @w@b

まだまだ作業はいっぱい残ってますが
とりあえず無事使える状態になってうれしいです。

次回はなにかな
電源ばらしちゃおかなぁ
迷うねw


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 3

ゼ

楽しさが伝わってきますな (^-^)
by ゼ (2007-05-01 18:38) 

yas

最近G5ケースをGETしたので、参考にさせてもらってます。
電源スイッチはとてもありがたい
MBまで組み込んだら、OSXが起動する夢でも見ようかと思います。
by yas (2013-03-23 23:31) 

PapaRepo

yasさん

微力ながら参考にしていただきありがとうございました^^

G5ケースはいいですよね。
デスクトップPCではこれ以上のケースはないと思います。
全面がパンチになっていて通気性いいですしね~
by PapaRepo (2013-04-13 14:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。